メニュー

Share
twitter
facebook

第2部 MUJICOLOGY! 課外授業 渋滞学 実験

第2部 MUJICOLOGY! 課外授業 渋滞学 実験

三井ダイレクト損保MUJICOLOGY!研究所では、西成所長の「渋滞学」を元に、ドライバーが「思いやり」を持って運転することで、渋滞緩和につながるとして紹介してきました。ドライバー同士が相手を気遣う「ゆずりあいの気持ち」を持つことで、渋滞を緩和することができることを実験を通して見ていきましょう。

ページの先頭へ戻る